女性も加齢臭がするってホント?40歳からの女性の加齢臭予防

朝起きたら枕から油っぽい変な臭いが、、、
旦那に体臭がきついといわれた、、、
最近自分が臭っている気がする、、、

 

近年、女性の悩みとして増えてきつつある加齢臭。

 

自分が加齢臭だと認めたくない反面、臭いに気がついてしまうとどうにかして臭いを抑える方法を探さなければと焦ってしまいますよね。

 

ここでは、女性の加齢臭について対策法から対策まで紹介をしていきます。

 

女性の加齢臭発生の原因はエストロゲン量の低下

 

一昔前までは、女性は男性に比べて加齢臭などの臭いは目立たないといわれきました。

 

しかし、近年女性ホルモンの1つであるエストロゲン量の早期低下と加齢臭を発生させやすい活性酸素を発生させる生活習慣の浸透が女性の加齢臭発生を増加させてしまっているという現状があります。

 

まずはエストロゲンの加齢臭に関わる働きを見ていきましょう。

 

加齢臭に関わるエストロゲンの影響

 

加齢臭は9-ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)という脂肪酸が酸化して発生するノネナールという物質から出る臭いです。

 

エストロゲン量の低下が加齢臭の発生させる原因になるのは、エストロゲンがなくなることによって「皮脂を抑える働きの低下」と「活性酸素除去の力の低下」が起きるから。

 

ノネナールの材料となる9-ヘキサデセン酸は脂質なので、皮脂の分泌量が増えれば増えるほど数が多くなります。
また、エストロゲンには体内の活性酸素を除去する働き※がありますので、エストロゲンの量が低下することで9-ヘキサデセン酸が酸化されて、大量のノネナールが発生してしまいます。

 

エストロゲン量は20代をピークにどんどん少なくなっていきますので、大体35歳~50代の女性に加齢臭が発生してしまうのです。

 

余談ですが、近年、女性の妊娠期間が短くなっている(昔と比べて出産する人数が少ない)ことが影響して閉経の時期が早くなっています。(※妊娠中は排卵が止まるので)
閉経時期が早くなるとエストロゲンの分泌量が減る年齢が早まるので、加齢臭の発生に悩まされる女性が急増してきているのです。

 

女性の加齢臭対策と臭いの対策

 

エストロゲン量の低下は、年齢と共に起きる現象なので止めることはできません。

 

しかし、加齢臭の原因である皮脂の増加と活性酸素の除去は日頃のケアや努力でどうにかなる問題でもあります。

 

ここからは「今出ている加齢臭をなくす対策」と「皮脂の増加の対策」「活性酸素増加の対策」に目を向けて、女性の加齢臭の対策と対策について紹介していきます。

 

今出ている加齢臭をなくす対策

 

今出ている加齢臭をなくすには、加齢臭の原因であるノネナールを除去することが必要となります。

 

その鍵を握っているのが、柿から抽出できる柿渋エキス(柿タンニン)です。

 

柿渋エキスは、ノネナールに吸着し、臭いのしない物質に変化させる性質を持っています。

 

そのため、洗浄力が高く、毛穴の奥にあるノネナールをかきだして柿タンニンで吸着し、加齢臭をなくすことができる石鹸やボディソープ、シャンプーを使用することで今ある加齢臭をなくすことができます。

 

皮脂増加の対策

 

女性の肌は男性と比べて皮脂が少ないと言っても、顔の皮脂のケアはきちんと行っていると思います。

 

しかし、頭皮や耳のうら、うなじといった部位の皮脂のケアをしている方はあまり多くありません。

 

女性の加齢臭の発生箇所として多いのは、普段なかなかケアのできない

 

  • 頭皮
  • 耳の後ろ
  • うなじ

といった部位です。

 

この部位の皮脂量をコントロールするのに必要なのは肌の保湿。

 

とはいえ、ノネナールが残った状態で化粧水や保湿クリームでケアをしてしまうと、加齢臭の対策にはなりません。

 

活性酸素増加の対策

 

活性酸素は、日々のストレスや運動不足、食生活の乱れから多く発生してしまう物質です。

 

そのため、活性酸素の増加を対策するには、過剰に活性酸素を発生させない生活習慣やストレス解決法を見つけていかなければいけません。

 

しかし、毎日一生懸命生活をしていると、運動に割ける時間はないし、食生活を整えるのもメニューを考えるので逆にストレスを抱えることにもなりかねません。

 

そのため、おすすめしたいのは抗酸化成分を手軽にできる加齢臭に良いサプリメントです。

 

おすすめな抗酸化成分を手軽に摂取することで、体内に過剰に発生した活性酸素の除去に役立ちます。

 

生活習慣を整えて臭いの対策・対策をする

 

生活習慣を整えることは、ノネナールの発生を対策するのにとても有効な手段です。

 

女性の場合、生活習慣の乱れからホルモンバランスを崩すことが加齢臭発生の原因となっている可能性も否定できません。

 

ここからは、毎日の生活で気をつけたい5つのポイントを紹介していきます。

 

 

@食生活の解決
食事のバランスが悪いと栄養が偏りホルモンのバランスも乱れやすくなります。加齢臭対策を考えるなら、脂質が少なめで大豆食品を多く含んだ和食がおすすめ。

 

加齢臭対策は年齢とともに増加する皮脂分泌に注意が必要です。皮脂分泌に関わるお肉や乳製品を中心とした食生活ではなく、和食中心にすることで解決が期待できます。大豆食品で女性ホルモンを補うのと同時に、動物性たんぱく質を控え皮脂分泌を抑えることが、加齢臭対策につながります。

 

 

A便秘
実は便秘を解なくすることも加齢臭対策につながります。便秘はお腹の調子を悪化させ、臭いが発生しやすい状態を作ります。そこでお腹の調子を解決し臭いを対策するために食物繊維を摂り入れましょう。食物繊維は臭いの原因となる物質を体外に排出してくれます。加齢臭対策にもつながるおすすめな方法です。

 

B質の良い睡眠をとる
睡眠はホルモンの分泌に関わるのでしっかり取りましょう。できるだけ質の良い睡眠が取れるようにしたいですね。

 

C適度な運動をする
あなたは運動をしていますか?意外と運動する時間というのは取れないものですよね。軽めの運動は自律神経とホルモンバランスの両方を整えてくれます。体を動かすことで良い睡眠の助けにもなるので、無理のない範囲で取り入れてみましょう。

 

Dストレスを溜め込まない
ストレスもホルモンバランスに影響します。気分転換やリラックスできる自分のための時間をもち、できるだけストレスを溜め込み過ぎないようにして下さいね。

 

日常生活においても女性が振り回されるホルモンバランスの乱れ。加齢臭にも関係しているのですね。早めに対策をしておきましょう。

 

加齢臭は女性にも起こる。根本的な原因にアプローチしよう

女性の加齢臭に影響を与える女性ホルモン。年齢を重ねることで起こる女性ホルモンの減少や乱れは避けて通れないものです。ノネナールを作る活性酸素や皮脂をブロックするために、不足したりバランスを崩したりした女性ホルモンを整え補う必要があります。それが加齢臭を防ぐひとつの方法です。

 

また加齢によって減っていく抗酸化成分も女性ホルモンと同様に補わなければなりません。抗酸化成分が減ると活性酸素の発生や皮脂の酸化に影響するからです。摂取したい栄養素はビタミン類など。和食中心なら主食・主菜・副菜をバランス良く食べることで摂取しやすいでしょう。摂り入れづらい栄養素はサプリメントで補うと良いですね。

 

石鹸やシャンプーといった外側からのケアはもちろんですが、ノネナールを発生させないためには内側のケアも大事。
適度な運動やストレス発散も含めて、生活習慣を見直すことが加齢臭の防止に役立ちます。初めから無理する必要はありません。少しずつ変えていきましょう。