ミドル脂臭対策シャンプーは良いのか。?30代から気になるキツイ油臭の対策

頭から古い油のにおいがする。
これって加齢臭なの。?

 

30代頃から急に枕に油っぽいにおいがつくようになったという方は少なくありません。そんな油っぽい臭いを嗅いで「これって加齢臭かも、、、」と落胆していませんか?

 

もしそれが加齢臭であるなら、頭皮だけでなく耳の裏やうなじといった場所からも臭いがしているはずです。あなたの嗅いだ古い油(油が腐ったような※)臭いが頭からしているなら、それはミドル脂臭が発生しているからかもしれません。

 

ミドル脂臭ってなに?

 

ミドル脂臭とは、20代~40代にかけて発生量が増加する「ジアセチル」という物質が発生させる不快な臭いのする物質が原因で発生する臭いです。

 

ジアセチルは、汗に含まれる乳酸が皮膚にいるブドウ球菌に分解されることで発生する物質です。ということは、ミドル脂臭を根本からなくすことができればミドル脂臭をなくすことができるというわけです。

 

しかし、ジアセチルが発生するのに必要な乳酸は運動等で身体が疲れたときに出るものですよね。どうして運動をしているわけでもないデスクワークなどの仕事をしている人のミドル脂臭が急増しているのでしょう?

 

ミドル脂臭はデスクワークの人程気をつけなければいけません

 

ミドル脂臭が発生する人の多くはデスクワークをしている方です。もちろん、体を動かすような仕事をしている人にも発生しますが、ミドル脂臭が出やすいのはデスクワークをしている方の方が注意が必要です。

 

どうしてデスクワークをしている人の方がミドル脂臭に注意しなければいけないのかというと、デスクワークの方が体を動かす仕事よりも乳酸を体に溜め込みやすいから。

 

ミドル脂臭の原因であるジアセチルの原料である「乳酸」は筋トレをするとでるもの。という認識が強いと思いますが、デスクワークをしていても乳酸は体の中にできてしまいます。

 

どうしてデスクワークで乳酸が溜まるのかというと、乳酸はブドウ糖がエネルギーに変換されるときに一緒にできる物質だからです。

 

通常、乳酸は体を動かすことで早期の発散ができますが、デスクワークをしていると乳酸の発散がうまくいかず、体内に溜まっていってしまいます。

 

溜まった乳酸が汗と共に体の外にでてブドウ球菌に分解されると、ミドル脂臭が発生してしまうということなんですね。

 

体の疲れが抜けない。
疲れが溜まってきてる。

 

と感じているあなたは体に乳酸が溜まっている証拠。ミドル脂臭に気がついたら乳酸を発散することをおすすめします。

 

ミドル脂臭は加齢臭とは別の物です

 

ミドル脂臭と加齢臭は同じものだと考えられることもありますが、まったくの別物です。

 

ミドル脂臭はジアセチルという物質が原因のニオイですが、加齢臭はノネナールという物質が原因となっており、臭いの原因物質が異なります。

 

そのため、双方の臭いのケアは全くの別物だと考えておきましょう。

 

ミドル脂臭対策に使いたいシャンプーはフラボノイドを含む頭皮環境を整えるシャンプー

 

「ミドル脂臭の原因が体内にある乳酸であるなら、シャンプーでの対策は難しいのでは?」

 

そう思いませんでしたか?

 

答えは「No」。

 

ミドル脂臭は、体内に溜まった乳酸を皮膚に済んでいるブドウ球菌が分解することで発生する臭いです。

 

そのため、ブドウ球菌の数を減らしたり、乳酸からジアセチルを作り出すのを阻害できれば、シャンプーでミドル脂臭対策ができます。

 

ですが、ブドウ球菌にはいくつかの種類があり、頭皮環境を整えてもなくすことはできません。

 

そのため、ブドウ球菌をなくしてミドル脂臭をなくすという方法はあまり現実的ではないことがわかります。

 

ではどうしたらよいのか。

 

それは、ジアセチルの精製をブロックすることです。

 

ジアセチルの抑制はフラボノイドで可能になる。

 

ミドル脂臭の原因であるジアセチルの精製は、フラボノイドという植物に含まれる抗酸化作用を持った成分によって抑制ができます。

 

そのため、ミドル脂臭を抑えるには、植物エキスを配合しているシャンプーを使用することがおすすめだといえます。

 

シャンプーを選ぶときには、植物のフラボノイドの力が期待できるシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

また、ミドル脂臭を抑えるのに頭皮環境を整えることは欠かせない要素のひとつです。

 

なぜなら、過剰に分泌される皮脂とジアセチルが混ざることで、ミドル脂臭のにおいのきつさが増加してしまうから。

 

ジアセチルの発生を抑制できる植物エキス(フラボノイド)が配合されている頭皮環境を整えるシャンプーでミドル脂臭をなくしていきましょう。

 

シャンプーの選び方

 

ジアセチルの抑制ができ、健康的な頭皮環境を作ることがミドル脂臭対策には欠かせません。

 

そんなミドル脂臭の対策に使いたいシャンプーの選び方で大切なことは3つ。

 

・植物エキスが配合されていること
・アミノ酸系シャンプーであること
・無添加でシリコンを使っていないこと

 

ミドル脂臭は頭皮に発生したジアセチルがブドウ球菌に分解されて発生するもの。

 

ということは、頭皮にあるジアセチルを洗い流し、ブドウ球菌が活発に動ける環境をなくすことでミドル脂臭の発生を防ぐことができます。

 

シャンプーを選ぶときに必要な2つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

植物エキスが配合されているシャンプー

 

植物エキスが多数配合されているシャンプーには、ジアセチルの精製をブロックするフラボノイドが含まれています。

 

ミドル脂臭の原因物質の精製をブロックする力が期待できるので、植物エキスを配合しているシャンプーを選ぶようにしてください。

 

ポイントとしてブロックしておきたいのは、植物エキスの種類の多さ。

 

植物に含まれるフラボノイドは種類が異なります。

 

フラボノイドの種類によってはジアセチル精製の力が弱いこともあるので、多くの種類の植物エキスを配合したものを選ぶようにするのがおすすめです。

 

アミノ酸系シャンプー

 

ジアセチルとブドウ球菌を洗い流すために使いたいシャンプーの種類は「アミノ酸系シャンプー」。

 

アミノ酸系シャンプーは界面活性剤を使用したシャンプーのように皮脂を落としすぎる心配がなく、頭皮の環境を整える力に優れたシャンプーです。

 

皮脂を落としすぎて乾燥すると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてミドル脂臭をきつくします。

 

頭皮や髪に優しく、汚れや余分な皮脂のみを落として頭皮環境を良くする力が望めるシャンプーがミドル脂臭対策に向いています。

 

無添加でシリコンを使っていないシャンプー

 

添加物やシリコンは頭皮に余分な刺激を与えたり、毛穴詰まりを起こして頭皮環境を悪化させる原因となります。

 

ミドル脂臭の原因物質となるジアセチルは汗からできるものなので、どれだけ対処しても出てきてしまうもの。

 

しかし、ジアセチルからにおい物質を作り出すブドウ球菌は頭皮環境を整えることでブロックすることが可能です。

 

添加物は頭皮の赤みやトラブルをおこす原因に。
シリコンは毛穴詰まりを起こし、にきびなどの原因になります。

 

赤みやトラブル、ニキビができる頭皮環境は悪玉菌であるブドウ球菌が繁殖しやすく活発に動ける環境となってしまうのです。

 

ブドウ球菌の数が多くなるとミドル脂臭発生のリスクも高まりますので、界面活性剤やシリコンを使っていないシャンプーを選ようにしてください。

 

厳選。ミドル脂臭に使いたいシャンプーまとめ

 

ハーブガーデン
男女兼用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 20種

 

ハーブガーデンは女性でも使えるミドル脂臭対策シャンプーです。

 

オーガニック成分メインでできているシャンプーで、ハーブガーデンに含まれるローズマリーエキスやニンニクエキスは頭皮の殺菌力があり、繁殖しすぎたブドウ球菌撃退に役立ちます。

 

また、頭皮のPHバランスを整える働きもあるため、頭皮を健康な弱酸性に保ち、ブドウ球菌の繁殖を抑える役割もしてくれます。

 

加齢臭に良いシャンプーとして話題のシャンプーですが、フラボノイドの働きによるジアセチル精製の抑制力でミドル脂臭対策にも活躍してくれるシャンプーです。

 

 

チャップアップ
男性用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 10種

 

育毛のために頭皮環境を整えることを第一に開発されたシャンプーのチャップアップ。

 

育毛シャンプーとして強く宣伝されていますが、育毛だけでなく頭皮の臭いにもおすすめに働きます。

 

頭皮の健康のために含まれたアミノ酸系洗浄成分に加え、悪玉ブドウ球菌の嫌いな弱酸性のシャンプーとなっているチャップアップはミドル脂臭対策に使いたいシャンプーの中でも特におすすめのシャンプーです。

 

植物エキスも10種類配合されているので、ミドル脂臭への直接の力も期待できます。

 

CA101薬用ブラックシャンプー
女性用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 36種

 

髪の毛の質や毛量に着目して作られたシャンプーですが、含まれている天然成分には殺菌力を持つものが多数存在します。

 

頭皮の汚れを落とし、頭皮環境を整えることはもちろん、殺菌力から頭皮にいるブドウ球菌の殺菌に役立つシャンプーです。

 

臭いへの力はあまり紹介されていませんが、植物エキスの種類が豊富なのでミドル脂臭対策に十分活躍するシャンプーです。

 

the MILLS薬用エイジングケアシャンプー
女性用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 18種

 

ジアセチルの生成を抑えるフラボノイドを含む天然エキスを豊富に含んだシャンプーです。

 

頭皮環境を整えることはもちろん、髪質の向上や抜け毛のケアができる女性専用シャンプーなので、女性のミドル脂臭におすすめ。

 

内容量は若干少なめですが、フラボノイドの力が期待できるのでミドル脂臭対策への力が期待できます。

 

 

スカルプD スカルプシャンプー
男性用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 5種

 

肌質に合わせて種類を選ぶことができるスカルプDの薬用スカルプシャンプー。

 

オイリー・超オイリー・乾燥の3つの肌質の中からあなたの肌質に合わせたピッタリのシャンプーを選ぶことができます。

 

育毛に目を向けて作られたシャンプーなので、頭皮環境を整える力が期待できます。

 

また、薬用シャンプーなので殺菌力も期待でき、ミドル脂臭の原因であるブドウ球菌の減少にもおすすめ。

 

種類は少ないですが、植物エキスも配合されているのでミドル脂臭におすすめできるシャンプーの1つです。

 

M3040プレミアムスカルプシャンプー
男性用

 

洗浄成分 シリコン 植物エキスの種類
アミノ酸系 ノンシリコン 10種

 

床屋さんが作った頭皮環境を整えるためのシャンプー。

 

育毛がメインのシャンプーとなっていますが、頭皮環境を整えてブドウ球菌の居場所をなくす力が期待できます。

 

柿タンニンを含んでいるので抗菌働きも期待でき、豊富な植物成分でジアセチルの抑制も期待できるのでミドル脂臭対策にはもってこいのシャンプーです。

 

ミドル脂臭対策シャンプーは原因にアプローチできるものを選んでください。

 

ミドル脂臭は、加齢臭や皮脂臭と違って落ちやすい汚れです。そのため、シャンプーを選ぶときには洗浄力の高さを確かめる必要はありません。

 

確かめるべきポイントは「臭いを発生させるブドウ球菌の活動を抑えれるかどうか。」です。

 

臭いに良いシャンプーだからといっても、臭いの原因が異なれば対策は異なります。

 

ミドル脂臭をシャンプーで落とすには、ミドル脂臭の原因にアプローチできるものを選ばなければいけないのです。

 

原因にしっかりとアプローチできるものを選んで、あなたの頭皮の臭いを解決していってくださいね。