ワキガの原因は汗なの?ワキガ解決に必要な4つの方法

いまや男性だけではなく女性のほうが深刻に悩みを抱えているのではないかと疑われるワキガの悩み。どうして私・僕はこんなにわきが臭うのだろうと頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。そんなわきがの原因をここでは紹介します。

ワキガの原因

ワキガの原因って汗にあるってご存知ですか?
腋臭の原因になる汗って普通の汗とはちょっと違うんです。

汗が出てくる汗には種類が2つあります。「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」です。私たちがスポーツ等の運動をしたときに流れる汗は「エクリン腺」から分泌される汗で、その成分の99%が水分で出来ていて、さらさらしています。ですが、わきがの原因になる「アポクリン腺」から分泌される汗は脂質やアンモニア、糖質やアミノ酸などを多く含んでいて乳白色をしており、べたべたしています。

わきがはアポクリン腺から分泌された脇汗が皮脂腺から分泌された皮脂と混ざり、皮膚の常在菌に分解されたときに放つニオイなんです。

ちなみにアポクリン腺は全身にあると言うわけではなく、「わき」「耳の穴」「陰部」「乳輪」等にある汗腺です。
体質的に持っている人と持っていない人が分かれている汗腺なので、ワキガで悩んでいる方はアポクリン腺を持っていて、なおかつそのアポクリン腺が発達しているか活発に活動してしまう方です。ワキガ体質の方はすそわきがにも気をつけたほうがいいかもしれません。

ワキガがもっとひどくなる原因

アポクリン腺を持っていてもワキガがあまり気にならない人も世の中にはいます。根本的な理由としてアポクリン腺が活発に動かない人やアポクリン腺の数が少ないということも考えられますが、普通に持っていてもワキガがあまり気にならない人もいます。

ワキガは知識がないと、知らず知らず内にひどくしてしまっている場合があります。
・ワキ毛の処理をしていない・または間違った処理をしている
・必要以上に洗いすぎている
・食生活が乱れている
・ストレスが溜まっている
以上の項目に当てはまっている人は要注意です。

・ワキ毛の処理を行っていない方は、脇に汗を分解する常在菌が溜まりすぎている可能性があります。わきの常在菌の数が多ければ多いほど汗の分解は活発に行われるので、ワキガはひどくなってしまいます。また、わきに刺激の強いワキ毛の処理を行っている方は、皮膚が傷ついてアポクリン腺に刺激を与えている可能性があります。アポクリン腺が刺激されることで必然的にアポクリン腺から汗が出るので、ワキガがひどくなる原因になるんです。

・ワキガが気になるからと言ってゴシゴシ洗い過ぎていませんか?わきを洗いすぎると、これもアポクリン腺を刺激することになります。アポクリン腺から活発に汗が出ることでにおいをひどくしている可能性があります。

・脂肪分の多いお肉中心の食事で、必要以上に動物性脂肪を摂っていませんか?動物性脂肪を多く取ると、脂肪酸の摂りすぎで消化されなかった脂質が皮下脂肪として蓄えられてしまいます。皮下脂肪もアポクリン腺を刺激する原因となってしまうので注意してください。

・緊張すると汗が出てきますよね。それと同じ原理で、ストレスは汗腺を刺激してしまいます。ストレスを溜め込んでいる方は知らないうちにアポクリン腺を刺激している恐れがあるので、定期的にリラックスをするようにしてストレスを軽減するように心がけてください。

制汗剤などの力を有効的に使えばわきの臭いは一時的におさえることが出来ます。ですが、ワキガは生活習慣を見直すことで解決できるものです。運動や食生活、ケアの方法を変えてあげることでだいぶにおいを抑えることが出来るんです。ちょっとしたことを注意してしっかりと対策方法をとり、ワキガを軽減できるようにがんばりましょう。

*腋臭症は体質の問題です。病気ではありません。もし完全になくしたいのであれば病院やクリニックで医師に相談し、アポクリン腺を取り除くか、アポクリン腺のくだの先を固めるなどのいくつかの手術法から選択し、手術治療を受けるしか方法はありません。ですが、これらは保険の適応外であったりするので出来るならそういった治療方法に頼る前に自分で出来る範囲のワキガ対策を試してみましょう。