汗臭さの原因は?解消のポイントは「汗をすぐふき取る」こと

夏になるとどうしても気になる問題。そう、汗臭さです。男性も女性もどれだけおしゃれをしてかっこよく・かわいく着飾っても汗のニオイが気になってしまって、また余計な汗をかいてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうことも多々ありますよね。そんな悩みの種の汗臭さについて紹介していきます。

汗臭さの原因は汗そのものではない!?

皆さんが気にしている体臭の1つでもある汗臭さですが、汗そのものに臭いがないってご存知ですか?
汗そのものは無臭なんです。

そんなはずはないと言いたい方もいるかも知れませんが、紛れもない事実です。
皆さんが一般的にかく汗はエクリン汗腺という汗腺から分泌される汗で、汗そのものの成分の99%は水分で出来ています。汗をかいた後に粉を吹くように塩が残ることがありますが、これはエクリン腺から分泌された汗の残りの1%の成分であるミネラル分が体内に再吸収されずに皮膚に残ってしまったものです。

ではなぜあのアンモニア臭のようなすっぱい臭いがしてしまうのか不思議ですよね。実はにおいの原因となっているのは汗をエサにしている皮膚表面の常在菌なんです。

皮膚の常在菌には善玉菌と呼ばれるものと、悪玉菌と呼ばれるものがいます。常在菌である「表皮ブドウ球菌」「アクネ菌」は善玉菌、「黄色ブドウ球菌」「マラセチア真菌」は悪玉菌に分類されます。一般的に善玉菌は汗を分解して肌の状態を弱酸性にする働きがあり、弱酸性に保たれている状態で分解された汗は嫌なにおいを発しません。ですが、汗の分解を悪玉菌が行っていると肌はアルカリ性の状態になり、悪玉菌が活発に汗を分解します。悪玉菌が汗を分解すると、私たちが不快に思うあの刺激臭を発します。

汗の成分の99%が水分なのににおいを発するのに疑問を持って方もいるのではないでしょうか?実は汗は分泌された瞬間は99%水分なのですが、体外に排出された後に皮脂腺から分泌された皮脂と混ざります。皮脂も分泌された瞬間はにおいを発しませんが、汗と同じで分解されるとにおいを発するんです。

汗臭さを防ぐには

汗臭さを防ぐ為の対策方法は、汗が常在菌に分解される前に汗をふき取るしかありません。(制汗剤を使って汗を抑える方法もありますが、どうがんばってもある程度の汗は出てきます。)汗が常在菌に分解されるには1〜2時間かかるといわれているので、汗をかいてから2時間以内に汗をふき取る必要があります。ですがここで注意してほしいのは汗のふき取り方です。

汗は体温が上がったり、皮膚に水分が足りないと体が判断すると発汗され始めます。なので、乾いたタオルで皮膚の水分をすべてふき取ってしまうと、発汗を逆に早めてしまう結果になってしまいます。汗をふき取るときには塗れたタオルをしっかりと絞って、湿気のあるタオルでふき取ることが大切です。

また、汗にはいい汗と悪い汗があります。いい汗は分解されてもさほどにおいを放たないのですが、悪い汗はとてつもなくニオイが目立ちます。いい汗をかくには、普段から運動をして汗をかく習慣をつけなければいけません。汗は体の老廃物を流す力もあるので、運動不足で老廃物のたくさん詰まった汗は分解されると悪臭を放ってしまいます。

最後に注意してほしいのは、汗拭きシートなどで肌の殺菌をしすぎないほうが汗臭さが軽減できるということ。肌の常在菌は通常なら肌の状態を正常に保ってくれます。確かににおいの下人である常在菌の数を減らす方法は汗臭さ軽減に力があるのですが、においを気にするあまり肌の殺菌をしすぎてしまうと肌の常在菌のバランスが崩れて、汗の分解をするのが悪玉菌中心になってしまう可能性があります。悪玉菌が活発に働いている皮膚は、汗臭さを目立たせたり、さまざまなトラブルを引き起こす原因にもなるので、むやみやたらに殺菌することはやめましょう。

汗臭さや加齢臭などの体臭関連の悩みの多く生活習慣を見直すだけで解決できることが多いです。ダイエットなどで体のバランスがしっかり取れていないことも体臭の原因として考えられるので、体臭対策の方法としてケア用品も多く出ていますが、根本である身体の内側からの変えていく方法を行うようにしましょう。

*わきなどの体毛の多い部分は常在菌が多く生息しています。脱毛をすることによって常在菌の数を減らすことも汗臭さ解決法の一つとして有効な手段です。また、汗臭さの対策にはミョウバン水を使うことをオススメします。出かける前に身体に吹き付けると、消臭・制汗・殺菌の3つの働きが期待できます。