加齢臭はアラフォーが特に危ない?原因物質と加齢臭が少ない人の特徴

体臭の1つの原因である体臭。男性でも女性でも40歳前後を境にだんだんときつくなっていって、香水などでごまかしきれない臭いは周囲から煙たがれることも多々ありますよね。そんな加齢臭の原因についてこのページでは紹介します。

加齢臭はなぜ放たれる?

加齢臭は誰しもが放つようになるものです。ですが、そのニオイのきつさには個人差があります。なぜそんな個人差が生まれるのでしょうか?

加齢臭の原因にノネナールという物質があります。この臭い成分は40歳前後の年齢から体内で生成される9-ヘキサデセン酸という脂肪酸の一種に、コレステロールや皮下脂肪が活性酸素と結びついて出来る過酸化脂質とくっつくことで生成されます。生成されたノネナールが皮脂腺を通って体外に排出されることによってオヤジ臭とも呼ばれる加齢臭独特の青臭いような脂くさいようなニオイを放ちます。
人間は40歳前後になると誰でも9-ヘキサデセン酸を体内で生成するようになり、過酸化脂質も誰でも体内で生成するので、加齢臭は必然的にどんな人でも放ち始めるというわけです。

ですが、ノネナールは生活習慣や体質に影響されるので、分泌量がその人によって多かったり少なかったりするのです。分泌量の多い人は加齢臭を強く放ちますし、少ない人は加齢臭が目立ちません。加齢臭の少ないノネナールの分泌量の少ない人というのはいったいどのような人なのでしょうか?

加齢臭の少ない人

加齢臭の少ない人の特徴として挙げられることは
・ストレスを抱えていない
・食生活が乱れていない
・運動をしてスタイルの管理が出来ている
という3点です。
まずストレスを抱えていないというのは、ストレスから発生する活性酸素の量が少ないということを意味します。活性酸素の生成が少ないことによって過酸化脂質の生成が少なくなり、結果的にノネナールの生成が少なくなる問いわけです。

次に食生活が乱れていないという点ですが、これは必要以上に脂肪酸を摂取していないということ。現代人の多くは欧米の食生活文化の影響を受けて、肉などの脂肪分の多い食品を多く摂りすぎている傾向があります。動物性脂質を多く取り過ぎることによって、エネルギーとして消化されなかった脂質が皮下脂肪やコレステロールとなって体内に残ってしまいます。コレステロールや皮下脂肪はノネナールを作る原因物質なので、これらを減らすことによって加齢臭の原因を減らしていけるというわけです。
スタイルの管理も、同様のことが言えます。体内の皮下脂肪とコレステロールの管理をしっかりとしていればノネナールの分泌量を減らすことが出来ます。

もはや生活習慣病とも言えそうなくらいの加齢臭ですが、極端な話を言えば、加齢臭対策は野菜中心の食生活をして、ストレスを溜め込まず、適度な運動をしていれば加齢臭を軽減することが出来るというわけです。ですが、普通に生活をしていてこれらを実践することは難しいので、あくまで意識して生活をすることが加齢臭対策につながるというわけです。

*中高年の大きな悩みの加齢臭ですが、よく男臭だとかオヤジ臭・メタボ臭と嫌われることがあります。ですが、加齢臭は女性ホルモンの関係や皮下脂肪がつきやすい点から見ても女性のほうが注意すべき問題なのかもしれません。気付いていないだけで女性のほうが臭っている場合もあるので、注意してみてください。

加齢臭が出る場所はどこ?

加齢臭が出る場所は、皮脂腺のある場所。

つまり、全身に加齢臭が発生する可能性があるということです。

特に上半身に発生することが多く、加齢臭対策は1部分だけすれば良いということではないことがわかりますね。

そのなかでも皮脂腺の活動が活発で臭いが強くなる可能性が高いのが
・頭皮
・首筋
・顔
・耳の裏
・わき
・乳首
などの部位です。

皮脂の分泌が体のほかの部位よりも多く出るこれらの部位は加齢臭が発生する可能性が高い上に、臭いがきつくなる事が多くあるので注意が必要です。